Jewelry Pearl Reform bag 金売り HOME
ランプトップ

どこよりも低価格!…お好みのイッピンをお探しください!

ルーマニアランプ ガレ調ランプ ステンドランプ
アクセントライン アクセントライン アクセントライン
 エミール・ガレが使用してきた制作技術そのままに現代 でも作られているのが「ルーマニアランプ」です。
 エミール・ガレによって創設されたフランスのガレ社はアールヌーボー時代を飾ったガラス工芸品の制作で知られます。
 ガレ社で活躍した職人達の多くはルーマニア人で、ガレ社終了後には自国ルーマニアに帰ってガレランプの制作に携わることになります。
 ルーマニアのガレ工房職人たちによって代々守り継がれてきた美術製作技術の粋を堪能していただくのがこのガレランプです。
 ルーマニアガレは鑑賞のために購入する方が多く、グラスを片手に気に入った逸品を眺めて楽しむ趣味の美術品です。
 本物のガレランプとなると超高額、ルーマニアガレでも高額です。 そこでガレランプに似た絵柄をサンドブラスト手法を用いて被せガラスに作るのがガレ調ランプです。
 主に中国で生産され ていますが、制作手法の違いから価格が安いため採算が取れにくく、最近では多くの工場が手を引いてしまいました。現在は中国でも 辛うじて数社が生産を続けているのが現状です。
 最近では絵柄の表現手法も高度になり、一見してルーマニアガレに 見間違うほどのランプも生産されるようになってきました。
 ガレ調ランプの魅力は、何といっても価格の低さにあります。 お部屋の雰囲気づくりの調度品として気軽に利用されているのがガレ調ランプです。
 文献によると5世紀にはすでにステンドガラスが登場しています。
 11世紀頃には世界遺産となる建築物にステンドグラスが使われるようになります。 宗教の歴史とあいまってその技術は磨かれ続け、やがて19世紀になるとティファニー社の長男であるルイス・カムフォート ・ティファニーが乳白色のオパールセントガラスを開発し、鉛テープによるデザインを球体にする技法を編み出しました。
 これによってランプシェードなど曲面のデザインが可能になり、当時エジソンが発明した電球にステンドのシェードを被せたステンド ランプが人気となりました。
 ティファニー製品のレプリカは高額ですが、中国製の手軽な価格のステンドランプが調度品 として人気です。
アクセントライン アクセントライン アクセントライン
Copyright © Pinoccio21 Allright Reserved;